残業の性質をひもとけば残業を減らす方法をつかみやすくなると思って整理しました

いきなり画像。


残業を軽々しく行えてしまう職場環境は今なお多いと思います。

数年前に若手社員に残業しすぎはよくないと伝えたくて描いたイラストを見つけたので掲載します。

《残業しすぎは要注意》

生産性を向上させるとき、常に隣り合わせにある残業。

生産性を向上させるため、残業してしまうこともある。

多少はいいが、日常的になってしまうと何かが壊れる。

《残業のパターンをひもとく》

残業をパターン分けすると大まかに5つに分けられる。

ハプニングや企業の都合については自己回避は難しい。

時間に間に合わない場合は間に合うようにすればいい。

自己都合や心理的プレッシャーでの残業はありえない。

《残業によるコストとは残業代だけではない》

残業により発生するコストで、残業代はわかりやすい。

しかし物理的にみえない残業コストも存在する。

残業しすぎると家族と会えず、家庭崩壊にもつながる。

残業しすぎると体力・精神力も、すこしずつ削られる。

残業しすぎは終わりが無いと、メンタルに影響もある。

。。。ちょっと怖い書き方でスミマセン、日々、無理せず、健やかに^^/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中