在宅勤務の時に聞く(4.「恋人」の弾き語り)

男女の別れのシーンとその時の気持ちを切なく綴った唄、福山雅治さんの「恋人」

歌詞の内容はいろいろな別れのシーンを連想させます。
しかし「本当は別れたくない・・・」という気持ちはとても強く伝わります。

・転勤するけど一緒に付いていくことが出来ない
・結婚したいけど周囲の反対が強い
・経営がつらくなり彼女にまで同じ苦労をさせたくない

重い病も連想できます。。。

不況元年と噂されだした今年、これからどのような時代変化が起きるのか、誰の想像が正しいのか今はわかりません。

これからいくらつらい環境になったとしても、愛してくれる方は大切にしたいものです。

~~歌詞引用~~

恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中
恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに

なくしても まだ忘れられぬ
君のぬくもりが 消えなくて

~~~~~~~~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中