~~子供のころは自然が多かった~~

生まれて、いまの会社に入社するまでは九州にいました。

小さい頃は山・川・田んぼに囲まれて生活していました。

10代の後半になれば自転車で遠出して朝早くから海釣り。

けして釣りが上手な方ではなく、大きな魚は釣れません。

ただただ、朝から夕方まで、釣り糸を垂らしていました。

~~小さなころの憧れの地、「佐賀の呼子(よぶこ)」~~

近所に住む年上のお兄さんはお父さんが釣り好きでした。

そのお兄さんは、「佐賀の呼子」に釣りに行ってました。

透き通った海、魚釣りは大物が大量、透明なイカが有名。

いつも、お兄さんは佐賀の呼子の話を教えてくれました。

いつか、行ってみたい場所になりました「佐賀の呼子」。

~~会社に入社したら海がとおい!!~~

いまの会社は東京にあり、九州の田舎とは全然違います。

仕事に慣れるのに時間はかかり生活リズムも慣れません。

たまのプライベートに自然に触れたくてもそこまで遠い。

生活が都会化してきたことに、違和感が無くなりました。

だんだんと自然へのなつかしさが薄れていった20代です。

~~転勤先の九州最大地方都市「福岡」は都会と自然~~

東京でひととおりの修行(?)を終え、20代半ばで福岡へ。

「これで会社帰りにいつも海に遊びに行けるな」が甘い!

着任早々、仕事はわからないだらけ、仕事は山積みです。

ある程度、仕事に慣れてきたころ、社員旅行企画があり、

なんと、その場所は「佐賀の呼子」でした。夢は叶う^^/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実話をもとにしたフィクションです。

本当は福岡に勤務してすぐドライブがてら呼子に行きましたw

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

本日ふと「お金と時間があったらどこにいきたいか?」と妄想したら、

「佐賀の呼子でイカの活き造りが食べたい」と思いました。

九州では「イカの活き造り」は比較的定番メニューです。

私はアルバイトで海鮮系の居酒屋に長くいたためイカは普通の食べ物という認識です。

しかし東京の会社に入社して間もないころ居酒屋で「イカの活き造り」を注文すると、、、

「専門店に行ってください」と返され驚いたことがあります。

「イカの活き造り」の甘さと歯応えが好きです、ゲソは天婦羅にしてもらいます。

今回、このブログを書くとき初めて「イカの活き造りの発祥は佐賀の呼子」と知りました。

なるほど、何度も行きたくなるわけだ。。。と納得させられる場所、呼子(よぶこ)。

福岡からでも少し頑張れば行けます、おススメです、ぜひ^^/

~~~おすすめリンク~~~


天下一品透明なイカが躍るよ!佐賀・呼子「イカの活造り」の …

icotto.jp › 佐賀県 › 呼子

いか活造り発祥「河太郎」呼子店

www.kawatarou.jp › yobuko

福岡で呼子のイカの活き造りを味わえる「河太郎」【公式】

www.kawatarou.jp

イカだけじゃなかった!呼子の絶対行くべき観光スポット6選 …

fukuoka-touch.net › 観光

日本三大朝市〝呼子朝市〟に出かけよう ~イカ漁で知られた呼子 …

www.asobo-saga.jp › feature › archives

全国の酒店・酒蔵から希少な日本酒を宅配してくれるサービス「saketaku(サケタク)」。

saketakuさんのサービス内容ですが、よく生産量がすくなくその地域だけで消費されてしまうという日本酒があり、そのような希少な日本酒を全国宅配して生産者・消費者ともにハッピーになってもらおうという趣旨のようです。

しかも送料無料で。

なんだかホッコリします^^

わたしも若いころ地方山間部の現場に数か月間いたことがあり、現場作業員の方と近くの小さな酒屋を見つけては珍しいお酒を捜し、飲み交わしていたことがあります。

ちなみに当時は若者ですので八海山とか天狗舞とか久保田すら珍しいと感激していた時期ですw
恥の上塗りしたくないので思い出話はここまで^^/

全国のおいしいお酒に出会いましょう。

いま、たったいま、

・心配でたまらない
・そのひとを包みたい
・ただ満面の愛で包みたい

ただそれだけ綴った唄、福山雅治さんの「泣いたりしないで」

外出自粛の中、会いたくても会えない2人は少なくないと思います。

もしかすると、一緒に居られない別の理由がある2人なのかも。

今の時期、いろいろな気持ちが交錯するひとも多いかもしれません。

いま、あの人の近くに居たい。
いま、あの人を見守ってたい。
でも、あの人は近くにいない。。。

ずっと歌詞だけ見てると、そのように連想させ、さみしくなります。

明日、明日が無理なら次の日、好きなひとに気持ちを正直に伝えましょう。

そして、一緒にいてもらいましょう。

せつない雰囲気なのにとても前向きな唄「泣いたりしないで」。

心配だからまた、あのひとに会いに行きましょう。

そして、あのひとを励まし続けましょう。

そのひとにあかるさがもどるまで。

~~歌詞引用~~

泣いたりしないでこっちへおいでよ
あなたのぜんぶを抱きしめるよ

あしたの話をたくさんしようよ
そう やっぱりあなたの笑顔が大好き
ねぇ 笑って

~~~~~~~~

全国の酒店・酒蔵から希少な日本酒を宅配してくれるサービス「saketaku(サケタク)」。

saketakuさんのサービス内容ですが、よく生産量がすくなくその地域だけで消費されてしまうという日本酒があり、そのような希少な日本酒を全国宅配して生産者・消費者ともにハッピーになってもらおうという趣旨のようです。

しかも送料無料で。

なんだかホッコリします^^

わたしも若いころ地方山間部の現場に数か月間いたことがあり、現場作業員の方と近くの小さな酒屋を見つけては珍しいお酒を捜し、飲み交わしていたことがあります。

ちなみに当時は若者ですので八海山とか天狗舞とか久保田すら珍しいと感激していた時期ですw
恥の上塗りしたくないので思い出話はここまで^^/

全国のおいしいお酒に出会いましょう。

男女の別れのシーンとその時の気持ちを切なく綴った唄、福山雅治さんの「恋人」

歌詞の内容はいろいろな別れのシーンを連想させます。
しかし「本当は別れたくない・・・」という気持ちはとても強く伝わります。

・転勤するけど一緒に付いていくことが出来ない
・結婚したいけど周囲の反対が強い
・経営がつらくなり彼女にまで同じ苦労をさせたくない

重い病も連想できます。。。

不況元年と噂されだした今年、これからどのような時代変化が起きるのか、誰の想像が正しいのか今はわかりません。

これからいくらつらい環境になったとしても、愛してくれる方は大切にしたいものです。

~~歌詞引用~~

恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中
恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに

なくしても まだ忘れられぬ
君のぬくもりが 消えなくて

~~~~~~~~

全国の酒店・酒蔵から希少な日本酒を宅配してくれるサービス「saketaku(サケタク)」。

saketakuさんのサービス内容ですが、よく生産量がすくなくその地域だけで消費されてしまうという日本酒があり、そのような希少な日本酒を全国宅配して生産者・消費者ともにハッピーになってもらおうという趣旨のようです。

しかも送料無料で。

なんだかホッコリします^^

わたしも若いころ地方山間部の現場に数か月間いたことがあり、現場作業員の方と近くの小さな酒屋を見つけては珍しいお酒を捜し、飲み交わしていたことがあります。

ちなみに当時は若者ですので八海山とか天狗舞とか久保田すら珍しいと感激していた時期ですw
恥の上塗りしたくないので思い出話はここまで^^/

全国のおいしいお酒に出会いましょう。

最近僕はオッサンになりましたのでデートはしません、というか興味がわきません。

。。。嘘つきました。

機会そのものに巡り会えません(-_-;)

さて、若いころの話です。

もちろん彼女が欲しい時期があり、まれに機会に恵まれて、デートをしたこともありました。
が、話を盛り上げようとすればするほど沈黙が続いてしまいます。

若い頃はコミュニケーションに悩みました。

・人との会話が途切れないようにするためには!?
・好きなひとを喜ばせるには!?
・好きなひとに愛されるには!?

当時、僕は年上の女性(30歳前後)と遊ぶ機会が多かったため、
聞き役になることが多かったのではないかと記憶しています。

気の強い女性と付き合うことが多く、反論すると不機嫌にさせてしまうため、
僕は自然と口数が少なくなっていきました。

いつしか、このパターンがしみついてしまいました。

時は10年ほど経過し、社内でのランチ女子会での話題を女性社員が教えてくれたことがあります。。。

「sakさんっていつも親身に話を聞いてくれるし、問題を的確に指摘してくれてとても頼りになるよね~」
「仕事で分からないことがあったらついsakさんに話しちゃうよね~」

だそうです(自慢じゃないです、実話です)。

恋愛上手になりたかった僕はビジネスライクの場で人気者になってしまったようです(あれ?)

~~ここから補足~~

実は「頼りがいのある先輩」キャラは諸刃の剣で、
調子に乗りすぎてなんでも相談を受けてしまうと、
自分が関係ない事柄まで相談が来てしまい、
相談窓口ハードワーカーになってしまう。。。
と気づいてしまうのはもう少し先の話です。

~~補足ここまで~~

僕がやったことはシンプルで、

■仕事の途中で相談を受けた時
・相手が先に話すのを待つ
・オウム返し
・自身の失敗談を織り交ぜた同調

これを心掛けました。

次に、

■アウトプットの添削を依頼されたとき
・受け取ったと同時に仕事の早さを褒める
・内容をひととおり見て肯定する
・ほんの少し否定する(嗜好に偏った添削はせず誤りのみを正す添削を心掛ける)

これを繰り返し、本人のやる気が育まれるよう配慮してきたつもりです。

「親近感が持てるひと」という副産物も獲得できました。

本日、以下動画を拝見したところ、
「みんな同じ事やってたんじゃんw」
と思い少し自信がつきました(嬉^^)

~~《おまけ》これであなたも気になる同僚と付き合える!(かも^^)~~

同じ職場で働く人はマインドもシンクロする傾向は強いです。
※同じ釜の飯ってやつですね。

そのため、社内で一日中過ごす同僚男女は2人だけの世界を形成しがちです。
※航空機内での出会い・成婚率が高いのと同じかと。

そこで仕事上の苦労を共有して「社内恋愛」「社内結婚」に発展した
多くの同僚を見てきました。
※もう吊り橋効果としか思えませんw^^/

《結論》
同じ釜の飯 + 狭い空間 + 吊り橋効果 ≒ 愛し愛される仲になる

・・・最強コンボ・・・


「巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)」の意味や使い方 …

www.weblio.jp › content › 巧遅は拙速に如かず

孫子の兵法「巧遅は拙速に如かず」はビジネスの基本といいますが、そこに言葉の媚薬と劇薬をからめるといろいろな人間形成が可能と思います。

ひとには行動の速さ・遅さと、言葉の強さ・弱さがあって、もちろん性格にはよりますが、この使い方によってどのようなキャラクターにもなりえるということです。

まずは図で整理しました。

~~以下は、この図を作成した背景です~~

最近は外出自粛の影響で仲間と飲むことも無くなりました。

オンライン飲み会は照れくさくて未経験です。

もともと私は行きつけのバーによくお邪魔していて、常連客と生活・趣味・ビジネス・対人関係など多岐にわたる会話をします。

次の日には忘れていることもあるものの「今日は貴重なお話しをしたな~」と思いながら帰路につくことは多いです。

どこの店も一緒と思いますが「ウチの客は個性が強い!!」。。。僕の行く店も同じです。

・相手を納得させることが好きなひと
・相手を感動させることが好きなひと
・話題を自分から提供するひと
・話題を聞いて反応するひと

飲み会の場はこの4パターンに大別されるのかな?

この4パターンによって性格・適性が見えてきたりするのかな?

と思い整理してみるとサクッと上の図が出来たので今回紹介するに至りました。

上の図では想定される職種とメディア系の事例をあげました。

以下にそれぞれの職種の役割と責任を補足します。

・キャスターさんは視聴者を納得させることが役割のため、ミス無い情報提供が求められます。
・タレントさんは視聴者を感動させることが役割ですが、自分で情報発信する必要があります。
・俳優さんは視聴者を感動させることが役割ですが、台本前提で自己表現する条件があります。
・プロデューサーさんは興行を成功させることが役割のため、市場調査と調達能力が必須です。

世間にはいろいろな人がいるな、こんなひとになりたいな、あのひとはどんなタイプだろ?、などを考える時のテンプレートとして参考にしていただけたらと思いますmm

さて、孫子の兵法「巧遅は拙速に如かず」はビジネスの基本といいますが、要は高い行動力について記したものです、仕事の丁寧さについても触れていますが、仕事で及第点を出すことは当然のことなのでここではあえて触れませんでした。

言葉の媚薬と劇薬をからめるとは、人を魅了できるためにはどのようなコミュニケーション能力を持つかということです。

ビジネスの現場もお酒の場もそこは変わらないかと^^/

あ~、飲み行きたいw

《昨日ブログを抜粋・編集して自己紹介っぽくしました》

せっかくブログを始めるんだからタイトルくらいつけよう!

と思い、これから外出自粛の影響で居酒屋にも仲間と行けなくなり「よし、宅飲みしよう!」という風潮になるのかな?と思いお酒がイマドキだろうと考え、、

「宅飲みしよう!」とか「Nomooo!(ノモーと読む、ヤ〇ーみたいな感じでw)」という名前を考えてました。

ところがブログに書きたいことはお酒の場ではあまり好まれないビジネスの話題ばかり浮かびます。

私はお酒のみトークは得意ではないようです。

そんななか、宅飲みの切っ掛けとなった「在宅勤務」をしていると楽しい反面慣れない職場環境になり心身ともにつかれるな、と日々考えるようになりました。

ん?

ざいタクのみだとドットつかれてへこむ。

これだ!www

と思い今に至ります。 ※私はオッサンなのでこういう思考なんです(´ω`*)

というわけでお酒テーマで始めようと考えたブログのネーミングは、宅飲みとは近そうで遠い在宅勤務を参考にしたものにとってかわり、テレワークや仕事の仕方・考え方まで含めたビジネスの話題を中心に掲載するようになりました。

そのため、過去に有名バンドのリモートセッションとか有名アイドルのリモート紙芝居の感想とかアップしたこともありましたが趣旨が違うので非表示にしています。。。

これからも、サブタイトル「~I PREFER TO WORK FROM HOME^^.~」にあるように
家で効率よく仕事をしたいです。

在宅勤務・テレワークを維持したままでの生産性向上、仕事の多様化も意識・期待して綴ります。

全国の酒店・酒蔵から希少な日本酒を宅配してくれるサービス「saketaku(サケタク)」。

saketakuさんのサービス内容ですが、よく生産量がすくなくその地域だけで消費されてしまうという日本酒があり、そのような希少な日本酒を全国宅配して生産者・消費者ともにハッピーになってもらおうという趣旨のようです。

しかも送料無料で。

なんだかホッコリします^^

わたしも若いころ地方山間部の現場に数か月間いたことがあり、現場作業員の方と近くの小さな酒屋を見つけては珍しいお酒を捜し、飲み交わしていたことがあります。

ちなみに当時は若者ですので八海山とか天狗舞とか久保田すら珍しいと感激していた時期ですw
恥の上塗りしたくないので思い出話はここまで^^/

全国のおいしいお酒に出会いましょう。

《ちなみに「タクのみドットこむ。」と名付けたワケ》

はじめ、外出自粛が始まることでみんなで「宅飲みしよう!」という風潮になるのかな?
と思いお酒をテーマにしようと考えました。

ところがブログに書きたいことはお酒の場ではあまり好まれないビジネスの話題ばかり浮かびます。

私はお酒のみトークは得意ではないようです。

そんななか、宅飲みの切っ掛けとなった「在宅勤務」をしていると楽しい反面慣れない職場環境になり心身ともにつかれるな、と日々考えるようになりました。

ん?

ざいタクのみだとドットつかれてへこむ。

これだ!www

と思い今に至ります。 はい、私はオッサンです(´ω`*)

というわけでこのブログはお酒テーマではなく在宅勤務、しいてはテレワークを取り巻くビジネスの話題を中心にしようと決めました。

これからも、サブタイトル「~I PREFER TO WORK FROM HOME^^.~」にもあるように
家で効率よく仕事をしたいです。

在宅勤務・テレワークを維持したままでの生産性向上、仕事の多様化も意識・期待して綴ります。

kingmaruさん、リンクさせていただきました。

今日の発表、とても興味深いです。