この引用文は先日、以下ブログで言葉のコミュニケーションについて書いたときの一文です。

好きなひとを愛すためには言葉のコミュニケーションを活用すべき。もれなくあなたは愛されるひとになります

~~~引用~~~

■アウトプットの添削を依頼されたとき
・受け取ったと同時に仕事の早さを褒める
・内容をひととおり見て肯定する
・ほんの少し否定する(嗜好に偏った添削はせず誤りのみを正す添削を心掛ける)

これを繰り返し、本人のやる気が育まれるよう配慮してきたつもりです。

~~ここまで~~

この時のブログはいかにして相手に好感を持たせるかについて書いたものですが、
これを部下に適用してやる気を出させる方法に「ポジティブフィードバック」があります。

以下イメージです。

《上の図を参考に僕が部長から褒められたとするとこうなります》

①いや~、sakクン、今回の経費精算システム提案はホントに利用者向けでわかりやすかったよ~
②とくに、経費精算の領収書を経理部に提出する必要がないなんて斬新だっと思うよ!
③ただね、、、sakクン、、、コスト面なんだけど、他のシステムより運用コストが1/10になるといったのに10倍の間違いだったよね(小怒)
④まーしかし、それでも予算の範囲内だからOK!、あとは利用者目線でもっといいものを提案してくれな!!

ということがありました。実話にもとづくフィクションです。

ここで言いたいのは

①で承認欲求を満たすことが出来た
②で改善意欲を高めることが出来た
③は僕のミスだったので徹底的に焦り、やや落ち込みました(-_-;)
④は成功に向けた叱咤激励と解釈し、プロジェクトに邁進し続け成功することが出来ました

モチベーションは①と②で高まり、③で少し落ちますが④でイナズマ回復します。

結果、これを繰り返されてしまう僕はまんまと「ポジティブスパイラル」にのみ込まれてしまいましたw

「さすが部長!!」と言うしかありません。

このように仕事で作るアウトプットは必ずしも100点満点にはならず、
組織の活性度・プロジェクトの進捗度合・アウトプットの品質は、
上司がいかにうまく「ポジティブフィードバック」するかによって大きく左右されます。

これがハマると「ポジティブスパイラル」どころか「ポジティブストーム」です
(「ポジティブストーム」なんて言葉はありませんw)。

このときは本当に嬉しかったです、少し前のいい思い出です^^/

在宅勤務開始から1週間ほどたったある日、部長が言いました。

「業務日報を毎日作成・提出すること」

ほとんどの会社では在宅勤務に関係なく普通のことと思いますがウチの会社には無い習慣でした。

僕たちは、課長に毎日メール・チャットで業務報告をしているのになぜいまさら?

と思い聞いてみたところ、

「課長がみんなの活動報告をいつまでたってもしてくれないから業務進捗がまったく見えなくなった」

とのこと、課長が部長にグループ全体の進捗報告をしていなかったようです。

いつかニュースで在宅勤務が始まってから管理職者の進捗確認が激化したと見ました、それと似たような話です。

ではなぜ課長が部長に対して定期的に報告をしなかったのか?

以下は報告・連絡・相談を怠るひとの想定例です。

・不要と思う
・余裕が無い
・仕事が無い
・恥ずかしい
・上司が恐い

気持ちがわからないものもあるものの、
報告・連絡・相談をしてもらえない相手の身になって欲しいものです。

業務上の定例報告を怠ることはビジネスの現場において極めて望ましくない行為と思っています。

日々の事柄を記録しておくことは必要です。

仕事なら、、、ね。

プライベートの場に当てはめてみます。

仮に好きなひとがいたとしても

・相手から告白してくれるまで待ってる
・好きだと言ってくれないと不安になる

というひとをたまに聞きます。

それに対し正直、
「言わなくてもわかってくれるだろ?」
と思うこともあります。

慢心ですね。。。

言葉にしないと伝わらない気持ちは多いと思います。

・いつもありがとう
・とても助かります
・あなたが好きです

相手に明確な言葉を伝えることは相手を安心させることにつながります。

・あなたは相手を不安にさせていることに気がついていますか
・あなたから相手が離れていく可能性にも気がついていますか
・相手はあなたのことをもう嫌いになっているかもしれません

そうならないよう、気をつけたいものです。

コミュニケーションを大切にするひとの人事考課は高いと思います、これはビジネスの現場でも恋愛の現場でも変わらないと思います

人に好かれる方程式(こちらは前回掲載分。少し書き直したくなりましたのでRemix版です)

不安を感じる人・コンプレックスを感じながら生活しているひとは多いです。

・成功体験が少ないひと
・昔つらい思いをしたひと
・常に勝利できない環境にいるひと

このようなひとには「ギブアンドギブ」の生活スタイルをおすすめします。

~~具体的実践方法~~
・まずは相手に与えましょう、直接的・速効的な見返りは求めないでください。
・これを繰り返しましょう。
・いつしか、あなたは相手に感謝されます。
・相手があなたの気づかないところで周囲に感謝の弁を噂するようになります。
・周囲もあなたに尊敬の念を抱くようになります。
・大切な仕事をあなたに任せようとする人が出てきます。
・あなたは新たなノウハウを得ることができます。
・新たなステージ・ポストにステップアップできることでしょう。
~~~~~~~~~~~

とても楽観的な事例ですが、夢物語ではありません。

これが最強セット

win win かと

「ギブアンドギブ」とはあなたを相手に強く好印象にさせるテクニックです。

「ギブアンドギブ」を実践すると、あなたはポジティブスパイラルな未来を得ることが出来ます。

「ギブアンドギブ」は高利子返済プランです。「ギブアンドテイク」は等価交換で低利益です。

日頃からコンプレックスを持っていませんか。

自分に自信のないあなたは他の人に依存していませんか。

相手に依存せず「ギブアンドギブ」を用いればあなたが依存される立場になれるかもしれません。

相手にとってもあなたにとっても素晴らしいことだと思います。

「ギブアンドギブ」は人に好かれる方程式と思うものの、継続はキツイのでホドホドに^^

私は「ギブアンドギブ」の考えが好きで実践しています。

その行動を続ければ決して否定されることは無いと思っています。

そうすれば人に嫌われませんし、自信もつきます。

合わせ技で何でもいいから自分に自信があるスキル・実績も持つ。

すると結果的に自分が苦手な人も相手から先に好意的になってくれます。

これが最強セットw

win win かと

これ方程式と思ってますが、継続はキツイのでホドホドでいいと思います。