男女の別れのシーンとその時の気持ちを切なく綴った唄、福山雅治さんの「恋人」

歌詞の内容はいろいろな別れのシーンを連想させます。
しかし「本当は別れたくない・・・」という気持ちはとても強く伝わります。

・転勤するけど一緒に付いていくことが出来ない
・結婚したいけど周囲の反対が強い
・経営がつらくなり彼女にまで同じ苦労をさせたくない

重い病も連想できます。。。

不況元年と噂されだした今年、これからどのような時代変化が起きるのか、誰の想像が正しいのか今はわかりません。

これからいくらつらい環境になったとしても、愛してくれる方は大切にしたいものです。

~~歌詞引用~~

恋人よ もうあの頃は 眩しい光の中
恋人よ もう抱きしめることなど出来ないのに

なくしても まだ忘れられぬ
君のぬくもりが 消えなくて

~~~~~~~~

とにかく僕は福山雅治さんの弾き語りが好きでさきほど「Good Luck」をアップさせていただきました。

こちらの投稿者のかた、とにかく唄と演奏が沁みるのでズットいろいろと拝見してましたら出ました!中島みゆきさんの「糸」!!

たぶん男女の恋愛とか夫婦の愛情とかをテーマにしてると思うのですが最近私はビジネスモードに入っており、上司・後輩・取引先のことをついイメージしてしまいます。

人と人との出会いには憂い・助け合いがあり、互いに幸せを積み重ね、それについては性別・年齢は関係ないと思います。

過去に本当につらくて躓きそうになっても一緒に助けあった上司・後輩・取引先はいましたか。

過去に幸せな別れをした上司・後輩・取引先と再会したいと考えることはありますか。

これまでも、これからも、良き出会いを。